理事長メッセージ

理事長メッセージ

トップ > 学園について > 理事長メッセージ

学校法人行岡保健衛生学園理事長 行岡 正雄

本学園の建学の精神は「協同」

行岡保健衛生学園は、昭和7年に初代理事長の行岡忠雄により創設され、80余年の歴史を誇っております。
そして、これまで多くの卒業生を輩出し、その多くはそれぞれの分野で指導的な立場で活躍されておられます。これが本学園の宝であり、本学園に御入学される皆様方のメリットになるものと思っております。

本学園では創立当時より、現在では当たり前になっていることではありますが、医療は医師のみで行えるものではなく、多くの医療従事者の人達との協同によって、初めて質の高い医療が提供できるとの「協同」の理念をかかげ、その時代時代に要求される医療従事者の育成を行って参りました。

現在の本学園の教育理念は「協同」から発展して、「適応力豊かな医療人の育成」をその目標として掲げております。
これは医療従事者間の連携に加えて、対患者、その家族、社会に対して適応することの出来る人材を育成することを意味しております。
また、ここには在学中の同級生との間のコミュニケーションや学生生活をエンジョイすることも含まれております。

以上、本学園の特徴を簡単に述べさせていただきましたが、ぜひ医療に対する熱い情熱を持った皆様が、本学園の門をたたかれることを期待しております。