創設の理念

創設の理念

トップ > 学園について > 創設の理念

行岡保健衛生学園は、
次代の医療を担うべく創立されました

創設者 行岡 忠雄 博士

医療は医師のみで行うものではなく、看護師・整復師
放射線技師などの技術者との連携・協同によって成り立つ

?

6つのコメディカルスタッフを育成する総合専門学校

大阪接骨学校の創設に始まった行岡保健衛生学園は、現在では行岡医学技術専門学校・大阪行岡医療専門学校長柄校をはじめとする2校の専門学校で、看護師・柔道整復師など6つのコメディカルスタッフを育成する総合専門学校として多くの優れた人材を輩出しています。

本学園の創設者 行岡忠雄は、大阪接骨学校(昭和7年)・行岡外科病院(昭和9年)を設立して以来、75年以上の歳月を医療活動・医療技術者の教育・医療技術者の社会的地位の向上に注ぎこみました。

そして、これらの取り組みを通して、「医療は医師のみで行うものではなく、看護師・整復師・放射線技師などの技術者との連携・協同によって成り立つ」という、医療をトータルにとらえる考えを主張しつづけ、学校教育にも反映させました。

西洋医学と東洋医学の長所を取り入れた教育で
時代を担う医療人を輩出

この主張は、現在はもちろんのこと、将来の医療がどうあるべきかという視点に立ったものです。当初は時機尚早という声もありましたが、時代の変化と共に賛同者も増えつづけ、現在ではスタンダード化しているといっても過言ではありません。

このような長い歴史を持つ本学園は行岡忠雄の意志を受け継ぎ、局所的な診療を中心とする西洋医学と人間全体を診ることが必要とされる東洋医学のそれぞれの長所を取り入れた教育で、技術的にも人間的にもより質の高い医療技術者を育てています。

これからも、医学の学術理論はもとより、実地技能の専門教育も併せて行い、社会のニーズに応えることのできる人材の育成を目指して努めて参ります。