学科紹介

放射線科 -在校生・卒業生の声-

在校生の声

Profile

名前
上村 あかね
学年
3年
出身地
兵庫県

文系出身の私も基礎から学ぶことができ、
以前よりモチベーションが高くなりました!

看護師をしている母の影響で、小さい頃から医療関係の仕事に就きたいと思っていました。そして自分がレントゲン検査を受けたことや祖母がマンモグラフィーを受けたことがきっかけとなり、女性の放射線技師として活躍したいと思うようになったんです。
進学する学校はいろいろなところを調べ、文系出身の人も基礎から勉強できる当校に魅力を感じて入学しました。物理などの基礎知識がないので最初は大変でしたが、先生が分かりやすく丁寧に教えてくださるので少しずつ理解できるようになってきました。また、画像機器工学という授業でレントゲン機器の歴史を学び、もっと勉強したいという気持ちになりました。
クラスには社会人経験者が多く、みんな真剣に取り組んでいるところも当校の特長です。モチベーションが下がっている時に年上のクラスメートと話をすると、「見習わないと」という気持ちになります。
卒業後は大学病院など大きな病院で働いて最先端の知識や技術を吸収した後、地域医療に貢献することが目標です。

?

Profile

名前
岩井 克磨
学年
3年
出身地
大阪府

イベントを通じてたくさんの人と仲良くなり
勉強方法の幅が広がりました。

1年間社会人として経験を積んだ後、看護師をしている親戚からの勧めもあり、放射線技師を目指すことを決意しました。高校時代は文系だったので、物理の計算などはむずかしいと感じることもありますが、先生が熱心に指導してくださるので、新しいことを吸収する楽しさを感じています。1年から国家試験対策もあるので、気合いが入ります。
入学して驚いたのは、文化祭や体育祭などのイベントが多いこと。イベントはたくさんの人と仲良くなれるということもありますが、クラスメート同士で分からないことを教え合ったり、先輩から過去の問題と対策を教えてもらったり、勉強方法の幅が広がるきっかけにもなりました。
また、クラスには社会人経験者も多く、年上の方といろいろな話をすることで、人として勉強になることもたくさんあるのが大きな魅力だと思います。
将来の目標は、癒し系の放射線技師になることです。放射線を用いた検査や治療を受けられる方は不安を感じておられるので、少しでも安心して受けてもられえばと思っています。

?

卒業生の声

Profile

名前
坂下 恵治
卒業
昭和54年度卒業
勤務先
大阪府立泉州
救命救急センター
役職
  • 大阪府立泉州
    救命救急センター
    放射線科技師長
  • 大阪府放射線技師
    会監事
  • 放射線科 非常勤講師

どれだけ自分の目指すものに興味を持てるか─
それが自分を高めるいちばんの要素。

放射線科の1期生として卒業した後、大学の附属病院や企業の診療所などで経験を積み、現在は救命救急センターで放射線科技師長として働いています。
また、本科の講師として医用物理学を教えています。
私はもともと精密工学の道を志望していたのですが、兄が診療放射線技師をしていた影響でこの学科に進学し、通いはじめてどんどんと関心が高まっていきました。本科には優秀な先生がいらっしゃり、複雑な放射線の構造をシンプルに教えていただいたことが大きかったと思います。
その他にも研究者として大切な、積極的に学ぶ姿勢も教わりました。
そういう意味では運命的な出会いだったといえますね。
私も講師として話をする時は、先生ではなく放射線技師の先輩として、学生の皆さんに少しでもこの分野に興味を持ってもらえるよう心がけています。
医療の現場で働くことになっても、こういった出会いや気づきは大切です。
私自身、さまざまな方のサポートや救急救命という分野との出会いのおかげで成長することができました。
これから放射線技師を目指す人にも、向上心を持って自分の仕事に取り組み、医療の進歩・普及に貢献してほしいと思います。

?

Profile

名前
馬場 沙矢佳
卒業
平成18年度卒業
勤務先
総合健診クリニック
ニッセイ予防医学センター

学校で学んだことが
今、すごく役立っています。

放射線技師として私が勤務している予防医学センターでは、いろいろな会社で行う企業検診や、人間ドックで胃、乳房などのレントゲン撮影をしています。
放射線技師を目指したきっかけは、中学生の時にレントゲンを撮ってもらうことがあり、その時にはじめてこの仕事を知って、自分もなりたいと思ったことです。そして高校を卒業して、すぐに大阪行岡医療専門学校長柄校に入学しました。
学校で勉強をしていた時は、この知識がどう役立つのだろうと思うこともありましたが、働きはじめて「そうだったのか!」と驚くことがたくさんあります。
先生がおっしゃっていたことで印象に残っているのは、「医療器具は自分が見えないところまできれいに清掃しなさい」ということ。技師が見えないところでも、受診者さまには見えるところがあるんです。このことは、受診者さまの立場に立って仕事をする姿勢にもつながると思います。ですので、今は忙しい時にでも受診される方が納得されるまで説明するように心がけています。
これから放射線技師を目指す方へのアドバイスは、分からないことがあったら、まず先生に相談すること。この学校の先生方は親身になって相談にのってくださるので安心ですよ。

?