学科紹介

整復科 -教員紹介-

教務主任

Profile

教務主任
田中 勇二
担当
柔整学概論
財団対策
臨床実習
医学史
柔道倫理

日本一の伝統は『信頼』の証明です

ご受験をお考えの皆さんが学校を決める理由は家から近い、国家試験合格率、

設備の充実など、様々にあると思います。

行岡と言えばこの業界では知らない人がいないと言える程の名門校なのですが、

日本一の伝統が証明するのは“信頼”と“教育力”ではないかと思います。

「高い国家試験合格率」と「留年者が少ない」という事実は、

正にこれらを証明しています。

それに加えて、

「資格を取得してからも競争に勝ち抜いていける基礎を身につけてもらえる指導」も

皆さんにオススメ出来ます。

少人数になって益々きめ細かい指導で学生たちを合格に導いて参ります。

どうか学校を選ぶ理由の中に「信頼性と教育力」を加えて頂いて比べてみて

頂きたいと思います。

 

見学でも結構ですので是非一度整復科においでください。

?

整復科の教員

seifuku-teacher-002-02

Profile

名前
西村 貴司
担当
下肢骨折
スポーツ柔整
関係法規
物理療法

熱い指導で国家試験まで引っ張って行きます

柔道整復師は、

 ・医療(急性外傷のスペシャリスト)

 ・介護(機能訓練士)

 ・スポーツ(トレーナー) など、

各分野で活躍し、予防医学においても活躍が期待されている国家資格です。

夢中になれる職業NO.1(整復科調べ…)です。

人生のターニングポイントの一つとしてこの学校を選択し、前に踏み出した方の、

お手伝いができることは、光栄に思います。

顔を常に太陽に向け、足を常に前に踏み出すことを忘れず、

楽しんで一緒にやっていきましょう。

 

Profile

名前
宮越 亮典
担当
上肢骨折
上肢疾患
画像診断
臨床実習

若い力を生かして社会貢献できる職業。 それが柔道整復師

自分にとって大切な両親や子供を自ら治す。

そんな“できる柔道整復師”を目指しましょう。

柔道整復師はスポーツトレーナーや介護関係だけでなく、

根本である地域医療の一端を担っており、

超高齢化社会において絶対的必要職業とされています。

自分を育ててくれた地域は、言わば家族同然です。

『家族』を守っていくには、本物の知識と技術そして、

先生と呼んでいただけるだけの精神力の強さを持ち合わせなくてはなりません。

 

自分自身が社会貢献できるエッセンスが本校にはあります。

若さとやる気を持って全力で指導します!

 

どうぞ一度会いに来てください。

?

Profile

名前
鳥山 哲夫
担当
柔整学概論
捻挫学
骨折総論
臨床実習

常に学生さんたちに寄り添って行きたいと思います

私がこの世界に飛び込んだのは29歳の時でした。

学校を卒業し、社会人を経験してからのことです。

この世界の素晴らしさに心を惹かれました。

正直なところ、一度社会人を経験してからの学校生活には、

『大変な抵抗』がありました。

でも、柔道整復師の資格を取得して柔道整復師の仕事に携わると、

『大変な抵抗』が、『とても大きな楽しみ』、『喜び』に変わりました。

 

学校生活や勉強を通じて、皆さんと一緒にこの、

大きな楽しみ、喜びを分かち合いたいと思います。

 

行岡学園で共に学びましょう。

?

Profile

名前
小川 忠司
担当
柔道

柔道を通して医療人としての心構えと
柔道整復師としての基礎を学んでください。

柔道整復師になるための基礎となる柔道を指導しています。
まったく経験のない学生さんでも安心して楽しく学べる授業内容ですが、柔道の楽しさにふれ、

有段者レベルの技術を身につける人も少なくありません。
しかし、この科目では技術よりも柔道を通して社会人としての礼法や、医療人としての心構えを

学んでもらうことを大切にしています。
また、柔道をすることで「力を抜く」技術が身につく効果もあります。これは治療を行う上で重要な要素

なのですが、いくら頭で分かっていても体で覚えなければ意味がないということです。

知識と実際の技術をいかに結びつけるか、これが最も難しい学習課題です。
このように、柔道は柔道整復師として必要な基礎力を自然に身につけることができます。

私自身の指導者としてのこだわりは、女性や初めて柔道をする人にも分かりやすく興味の持てる、

授業をすること。 柔道以外のことでも、いろいろ相談にのりますので、気軽に声をかけてください。

?